ここ最近のスケジュール

2/25(土) 夜勤(22:00~翌7:00)
===========================================================
2/26(日) 
7:00 夜勤明け。携帯に「家賃の件で話に行くから」と母から連絡がある。
   15時くらいに約束する。あー大丈夫かな…寝よう

15:00 寝ていた。疲れてんだってば!
    風呂入って、雑談して、お夕飯をお婆ちゃんと母と食べる。

22:00~夜勤開始
===========================================================
2/27(月)

7:30 夜勤明け。
   昨晩のうちに「俺誕生日だから」「いいじゃん、朝8時50分には池袋来れるんでしょ、来てよ」
   とM氏に言わていた。まあ、誕生日くらい会って優しく祝ってやろうと思った。

   同じく昨日の夜の時点で「私体調悪くて…子供も。仕事は行けるけど大丈夫かな」と、彼女と子供の微熱報告があったため
   「北海道の子が誕生日だから、昼間はちょっと行ってくるよ」と、彼女に連絡を入れると
   「そうなんだ。気を付けてね。」と素早く帰ってくる。 …あまり機嫌よくないわ…お夕飯手伝いには行かないとな…
   勤務終わりから真っすぐ池袋へ…行く前に。
   絶対こいつ寝てる…そんな確信があった。M氏へLINE電話を入れる。
   …2回目の電話で繋がる。やはり寝ていた。まあ、8:50には着くから来いよな

8:50 来ない。電話に出ない。あ、出た。「あー寝てたわ」
   俺はかなり帰ろうと思ったが、いやいや、誕生日くらい。誕生日くらい許そう(いつもこう許すのがいけない所なのだが)
   心の中で .o(10:00になったら何が何でも絶対帰る) と最低ラインを定めて、「9:30くらいには着いてよ。近いんだもんな」と話す。

9:55 「お待たせー^^」
    最近の中で一番イライラしたのはこの時だろう。寝てなかったしな。

14:00 この時刻には帰ろうと思っていた。朝昼から飲める居酒屋を2件回り、ぐだぐだ話した。誕生日おめでとう。
    このぐらいに帰れば、微熱で不機嫌な彼女宅にお夕飯くらいは作っていけるだろう。

15:00 帰宅
15:30 風呂(昨日の15時に起きてから入っていなかった為)
16:00 録画していたイモトを少し見る。
16:30 食材買い出し。鍋焼きうどんを作る。事前に作ったことあるから美味しいのはわかっている!
17:00 具材を切って、土鍋や調味料ごと彼女宅へ持っていく。
18:30 彼女宅で調理。ご飯。既に眠い。

19:30 食べ終わったあたりで「ごめん、先に布団行かせて…」と布団に倒れる。意識が途絶える。
21:30 子供と彼女が来て一緒に寝る。子供を真ん中にした川の字。

=============================================================

2/28(火)

6:00 早番なので起床。起きるちょっと前くらいに彼女が布団の中でくっついてきてくれる。
   ずっとツンツンして愚痴ばっかりだから、この時だけが永遠に可愛い。うおおお性欲が出てきても仕事なんだけど!?

6:30 一度家に帰って荷物整理し、出社。
7:00 早番開始。

16:00 就業。
    早番の日は、夕方から余裕があるからいつも連絡を入れる。「お夕飯作って行きましょうか?」
    「うん、ありがとう」。

    彼女と子供の二人暮らしが始まってやっと1か月。まだまだ不安定で、子供は熱を出して彼女も仕事を休みがち。
    なにより一人で居るのが好きなAB型の彼女が、例え溺愛している子供だとしてもピッタリずっと一緒に居なきゃいけない訳で。
    (そういえば「トイレの時ぐらいだね一人になれるの…」と、この日初めて言葉をこぼしたな。)
    仕事時間は保育園に預けられるけど、就業明けや休みの日は必ず子供が居る。自分の時間など無いに等しい。
    夕方から会える日は、ご飯作って持ってって、子供のお風呂入れたり、彼女の仕事の愚痴を聞きに行ったり。
    まだまだ子供を私だけで預かるには至らないけど、少しでも余裕を持たせてあげたい。

16:30 今日は餃子を10年ぶりくらいに作る。中学生の頃に家族で包んで以来だと思う。買い出しに行く。
17:00 卵を切らしていたため卵だけもう一度買いに行く。近所のスーパーまで往復20分。

18:30 やっと包み終わった!!!!?餃子めんどくっさ!!!!(;^ω^)
    急いで彼女宅に持っていき、彼女宅で焼く。
19:00 子供は餃子が大好きで、大きめの餃子を5個も食べてくれた。
    やはり食べてくれるのは嬉しい。彼女もよく食べてくれると喜ぶ。
    どうにも、ひき肉は好きでハンバーグなどは食べれるが、ひいてない豚肉や牛肉、鶏肉はほぼアウト。
    まだまだ噛み切れないから嫌いなんだろう。ただし生姜焼きや焼き鳥は食べられる。なんなんだそれ。

20:00 子供と風呂に入る。(普段は彼女と入っているため、私が来る時は私が入れる。)
21:00 寝る前に遊んだり、勉強っぽいことをしたり。
22:00 子供を二人で挟み、寝かしつけるように就寝。
23:30 子供を寝かしつけてから、吉本新喜劇を見ようかと彼女も私も話していたが
    どちらもぐっすり眠っており撃沈。朝まで起きず。
    子供が隣で寝ている安心感というか、本当に眠ってしまうと彼女はよく話しているが
    この日は本当にそうだった。子供がもぞもぞしている段階で寝てしまった。
    いや、二人とも仕事で疲れてるのもあるんだろうけど(笑)

========================================================
3/1(水)

6:00 起床。今日も早番。朝前には彼女とやっと抱き合っている。
   …本当は「子供を寝かしつけてから体を触りにいってやるぜ!!」なんて、寝かしつける時はいつも思うのだが
   24歳の癖して、まだまだ色々慣れていないというか、とにかく疲れる&子供効果で寝てしまう。
   もうなんだかんだ1か月はご無沙汰である…書いてて気づいたけど、やっぱり引っ越してからの生活で目まぐるしすぎて
   そんなことしてる余裕がなかった…か。正直、そろそろしたいとは思ってたけど、落ち着くまではまだ…
   朝方に抱き着いてくるのはそういうことだろうか。(時間に余裕がある時に抱き着かれると私が襲ってしまうのだ)

7:00 始業
16:30 就業。介護の癖してうちの職場はマジで残業が無い。お陰で残業代の給料が発生せず、基本給も安すぎるのでめちゃくちゃ薄給である。
   いや、残業の無い仕事がしたいなんて思ってたから、まあ、ね。頑張ってお金貯めよう。

17:00 彼女に夕飯の連絡。「ありがとう。今日はアジを買ったから、一品だけ作ってきてほしいな」
    めちゃくちゃ簡単なニラ玉を作り、新玉ねぎのサラダも作る。買い出し。
    私はまだまだ料理が不慣れで、大体1時間~1時間半はかかる。
18:50 彼女宅で食事。しまった、卵料理はあまり子供は食べてくれないんだった。
    でもオムライスぐらいは食べれるらしい。そういうものか。
    魚を多めに食べ、サラダを食べて貰い、にら玉は私と彼女で。彼女が焼いた魚は美味しい!

20:00 子供と風呂。
21:00 3人で相棒を見る。
22:00 彼女風呂。私は子供と遊びつつ、今日は指の本数を数えさせたり。
23:00 寝るのが遅くなってしまった。就寝。

==================================================================
3/2(水)
7:00 起床。今日は遅番で昼からなので余裕がある。
   彼女と共に起きる。やはり朝方にはくっついてくれる。お尻とか揉んでもいいけど…ああ行き場のない性欲が…

7:10 子供も起きてきて朝ごはん。私の胡坐の上に座るのが定位置。
   食パン食べて、牛乳飲ませて。

7:40 私が早めに家を後にする。彼女宅の鍵は先日まで私も持っていたのだが、諸事情があり返却中のため、先に出ないといけない。

   一緒に家を出るところを、職場の事情を知らない人たちに見られたら…いや、今更見られたところで、もういいんだけども。
   それに、そのことは私、彼女、元旦那の中で、一種の暗黙の了解が出来上がっている。
   誰かが余計な口出しをしたところで3人とも変わらない。1年間変わらなかったから、これからもそうだろう。
   いつか、何らかの形で話し合える日が来ると思う。
  

8:00 帰宅。なんとなくブログに初めて手を付けてみる。


今日と明日は遅番だから夕方は行けず、夜(22時以降)に彼女宅へ行くのも寝るだけになるから、基本行かない。
故に遅番の日は一人で遊べる。  …私だけ遊べる時間がまだあるというのは、本当は彼女に申し訳ないところなのだが。
とにかく、今日と明日はフリーだ・・・お疲れ様、私。





さてはて。3/4(土)は彼女の誕生日。私も有給を取った…そのうえで
先日、誕生日に3人で出かけようと持ちかけたら、返事は曖昧というか、「あまりでかける気分になれない」と言われた。

さすがに私は心が弱くなり、家の鍵を置いて出て行こうとする。
こういう時彼女は冷たい。「そうそう、旦那が来たとき鍵がなかったら変に思われるから、返してもらおうかと思ってた」と言われ…
無言で家を出て行った。
夜の一時過ぎに彼女から「さっきのはなんだったの?」と連絡が来て
「何を思われているのかわからなくて、どうしたらいいのかわからなくて。それだけ。」と返事する。思ったことそのまんまである。
どうして、誕生日を祝えないのか。私には彼女が本当にわからなくなって、混乱して、冷たくされて、心が閉じた。

今思えば、確実に会いたくない感じを出されていた。
そこを何度も誘うから彼女の機嫌が悪くなったんだろう。今ではそういうことだとわかる。



3日後ぐらいに、やっと心も前向きになり、早番で夕方フリーの日。
そろそろ連絡、、、しよう。「お夕飯作りに行きましょうか。」「うん。ありがとう。」
いつものお夕飯からの夜の流れになる。
お夕飯の時に、一昨日、地面に埋められたり、刺される夢を見た。と、久々に悪夢を見た、とやや悲しげに話される。
ごめんとは私は言いたくなかった。私も辛かったことは本当だから。「そうか。そうか。」と言うだけに留める。
でも、支えなくてはいけないはずなのに、辛い思いをさせたことに対して、私の器量の小ささを感じた。


そのうえで、ついに話してくれた。会えない原因を。
どうやら「月に一回子供に会いに来る元旦那が、なんか月の前半…3/4あたりしか休めなかったから、その日に来るらしい」
と彼女に言われる。

本当は反論したい気持ちもある。
「元旦那は毎週日曜日が休みの仕事に就職したと言っていたじゃないか」なんて。
言わなかった。器量の小ささを呪ったばかりだ。
なにより、自分からしっかり話してくれたから。彼女は、いつも後から理由をちゃんと話してくれる。こういう時に嘘はつかない。
「そうか、行ってきなよ。適当に過ごしてるわ」と、私なりの笑顔でその話を終わらせた。

・・・どうなるやら。弱い心に負けるなよ自分。



プレビュー昨日で読み直すと、めちゃくちゃ読みずらい文章だけど、書き直すのがめんどくさいのでそのまま。
本当に書くのが下手だな。話すのも下手で…頭が弱いんだわ。



11:30の出社まで久々にゲームしよう。やったぜ。

[PR]
# by fyqjk196 | 2017-03-02 09:20 | 日記